葬式のマナー

葬式に参列できない場合

葬儀会場

人が亡くなると家族は悲しみと寂しさの感情が溢れてきます。
以前の葬儀のタイプはお通夜式、告別式、初七日と行事が多数あり当たり前のように行っていました。
最近ではお通夜式や告別式、初七日法要をしない方々も多くなりました。
また、1日で全てを執り行う場合も増えてきました。
故人や家族が家族葬を好まれ、ひっそりと行う葬儀も多くなりました。
親戚や親しい友人、職場の方々でも葬儀に出席できない方々もいます。
そのような配慮から家族だけで行う葬儀が多くなったのかもしれません。
葬儀に出席できない方は、お香典を送ることができます。
また、弔電だけ送ることも良いでしょう。
そして、葬儀が終了した後、落ち着いてからお伺いして線香をあげることもできます。
その場合は、お香典を送っている時は御仏前にお供えするものを持参すると良いです。
果物でも良いですし、生前に故人が好きだったものでも良いです。
遺族の方へ「御仏前へお供えください」と告げると良いでしょう。
しかし、必ずしも出席しなければならないと言うことはありません。
大東市で人が亡くなると葬祭費と言って葬儀の補助金が出ます。
大東市だけでなく国民兼保険や後期高齢者医療の被保険者ですと全ての方に補助金が支給されます。
ですが、支給条件は申請によるものなので注意しましょう。
また、金額は地域により違いますが、大東市の場合には5万の補助金が支給されます。
大東市でも多くの葬儀屋があります。
色々なタイプの葬儀を執り行っています。

事前に宗教を確認

フラワー

大東市は大阪府の北河内地域に位置する市です。
大東市内や大東市から約数十キロ圏内には、多くの葬儀場があります。
葬儀の際、香典を持参するのは基本です。
線香や抹香、お花など死者に供えるものの変わりに、香典を持参するようになりました。
日本で葬儀がある場合、ほとんどのケースで持参する事になる香典ですが、無くなった方が信仰していた宗教によって、香典の書き方は変わるので注意が必要です。
大東市内で葬儀を行う方も、仏教だけでなくキリスト教や新式、また、場合によっては宗教が分からないというケースがあります。
事前に、宗教によって変わる香典の書き方をチェックしておけば安心です。
まず、国内で最も多いのが仏教を信仰しているケースです。
仏教の場合、香典の表書きには「御霊前」・「御香典」・「御香料」という風に記載します。
「御仏前」と記載する方もいるようですが、この書き方は一般的に四十九日の法要以降に使用するので覚えておきましょう。
大東市内にも信者の方が多いキリスト教では、「御霊前」・「御花料」と書くのが基本です。
香典袋には色々な種類がありますが、キリスト教の場合はユリの花や十字架の絵がプリントされたものを選ぶようにしましょう。
このような絵がプリントされた熨斗袋は、キリスト教専用のものです。
神式のケースでは「御神前」・「御玉串料」・「御榊料」といった書き方をします。
もし、宗教が分からないという場合は、どんな宗教でも使える「御霊前」と記載しましょう。

家族で準備するもの

数珠

家族が亡くなると悲しみでいっぱいになり、葬儀を考える余裕がないというのが実情です。
しかし、葬儀をきちんと行って最後の別れをするのも家族の役割の1つです。
近頃は、生前から葬儀の予約ができる業者も増えていますが、亡くなってから業者を探す方が殆どです。
家族が大東市の病院に入院していた場合は、病院から紹介してもらった大東市の葬儀社に依頼することもできます。
そうでない場合は、タウンページやインターネットで調べて大東市の業者を探すことになります。
大東市の業者は、365日、24時間体制で葬儀の依頼を受け付けています。
ですから、電話で葬儀の希望日などを伝え予約可能な葬儀を探します。
業者に連絡する際は、複数の業者から相見積もりを取ることが重要です。
業者が見積もりをするには、参列者の人数や葬儀タイプの情報が必要になります。
そのため、家族間で参列者の選定と人数、予算を相談します。
参列者の人数と予算が決まったら見積もりを依頼して、その内容から1つの業者に絞ります。
依頼を決定した業者には、参列者の住所や名前などを書いたリストを作り業者に渡します。
業者は、このリストをもとにして葬儀の案内状やお礼状印刷を行います。
この他には、喪主決めや遺影写真選びも遺族が行います。
遺族で話し合って葬式の喪主を決め、遺族の代表として業者と打ち合わせをします。
遺影の写真は、家族が希望する写真を選び業者に依頼します。
喪主になった方は、参列者への挨拶を考えて葬儀当日に備えます。
挨拶文が不安な方は、業者に相談するとアドバイスして貰えます。

葬式での挨拶とは

数珠

大東市で葬儀や通夜の際に行う挨拶には基本があります。最初に弔問客へのお礼をすることが大切です。そのあと故人を代弁してのお礼を述べ思い出なども語ります。そして今後のお付き合いなどをお願いして締めくくります。そのほか個別に僧侶や会社関係、地域の人、知人などに必要に応じて挨拶することが大事です。

もっと読む

葬式のマナー

葬儀会場

葬儀を大東市で行う場合には、補助金が出ます。国民兼保険者や後期高齢者医療の被保険者の方々は補助金が支給されますので申請しましょう。葬儀屋も多数ありますのでプランを決めて静かに執り行います。家族や故人の意向を尊重しましょう。

もっと読む

全体を地味にまとめる

メンズ

大東市の葬儀に参列する場合、服装はもちろん、持っていく小物やメイク、髪型にも気をつけなければなりません。会葬者は略式喪服や準喪服を着用し、全体を黒・紺・グレーなどの地味な色でまとめるのが基本です。また、傘、ハンカチ、帽子、手袋などの小物類は派手なものを避け、地味な色のものを選びましょう。

もっと読む